センスを示したい結婚式のプチギフト

結婚式には引き出物など様々なギフトが必要になりますが、最も相手とのコミュニケーションにつながりやすいのがプチギフトです。式場で花嫁花婿から手渡しをするケースも多く、イベントの一部ともなりますから、ちょっとしたプレゼントであったとしても記憶に残りやすいといえます。そういった大きな意味のあるギフトですから、自分たちのセンスが問われるものとして真剣に選んでいきたいところです。特に式の雰囲気や二人の趣味などを反映させる形で選んでいくと、結婚式の記憶をよみがえらせやすかったり、二人のことを良くわかってもらうために役立つものとなったりします。こうしたことも考えて品物選びをしていきたいところです。また、品物自体だけではなくラッピングなどにもこだわっていきましょう。お洒落なラッピングはちょっとしたギフトも豪華に見せてくれます。

結婚式でのプチギフト

結婚式の披露宴が終わって、帰り際にゲストの方々にお渡しするプチギフトを何にするべきか色々考えています。アーモンドをアイシングして、新郎新婦の姿見にコーティングしてあるものが可愛いな、と感じました。食べるとなくなるいわゆる消えものなので、当たり障りないかな、と考えたのですが、当たり障りのないものより、何か印象に残るものにした方が良いのではないかなという相対した考えも脳裡をよぎり、どうするべきか悩んでいます。オリジナリティを追求するなら、手作りです。人数分クッキーを焼くとか、陶芸をたしなんでいるので、箸置きなんかを作るのもいいかなと考えています。しかも二つ用意すれば、ご夫婦で使ってもらえるので、なかなかいいのではないでしょうか。制作するには日数がかかる為、逆算して間に合うか、先生に相談してみようかな。

もらって嬉しい結婚式のプチギフトとは?

人生の大切な節目である結婚式。主役の新郎新婦にとっては何か月も前から準備を重ねる一大イベントであると同時に、家族や友人など、お世話になった方々への報告と感謝を伝える場でもあります。披露宴も無事に終わった後、ゲストをお見送りをするときに一人ひとりにプチギフトを手渡しをすることが多いですよね。新郎新婦に人気のプチギフトとして、「ちょっとしたお菓子」が挙げられます。バウムクーヘンやキャンディ、クッキーなど、お値段が手頃で、ある程度日持ちもしてかさばらないので、新郎新婦にも準備をしやすく、もらうゲストの側にも喜ばれます。結婚式の時期によっては、秋ならハロウィンを意識したかぼちゃをかたどったクッキーだったり、年末近くなら小さいソックスにお菓子をつめたりと、季節感も演出することができます。パッケージに新郎新婦のイラストを印刷したチョコレートなども、幸せのおすそ分けができて良いですね。来てくださったゲストの方々へのお礼の気持ちを込めて、お2人らしいプチギフトを選んでくださいね。

我が社の主力商品・サービスは、高画素の写真細かい絵もはっきりと印刷できる、どこにも負けない高品質なカラー印刷です。 コスト削減や高品質な仕上がりを強化するためにCTPシステムを導入することにより、短納期を実現!日々業務改善をしております。 原稿作成やパソコンが苦手なお客様でも大丈夫!校生・編集や入力作業を承りますのでご安心下さい。 製本で安い・早いと言えばニシダ印刷製本